Welcome, Guest. Please login or register.

Author Topic: yui Diary (2015.07.29)  (Read 762 times)

Offline waratte

yui Diary (2015.07.29)
« on: July 30, 2015, 12:51:40 AM »
こんにちは

こんにちは。
毎日暑いですね。皆さん体調は大丈夫ですか?

まだまだ追いついてなかったので、少しづつ更新出来たらと思います。

そして、前回触れていなかったのですがYUIのMV全集「FIND ME YUI Visual Best」が発売になりました!
すごい曲数が入っていてびっくりです。
こちらも楽しみんでもらえたらです♪

そして、FF曲解説!
おはようのキスをですが、この曲は実は福岡にいる頃に作った曲です。
本当に曲を作りはじめたばかりの初期の頃の曲で、あまりパッとしないメロディーだし、日本語を乗せるとどうもイメージと変わる事に戸惑っていた時になんとなくとっておこうと思っていた曲です。

まさかこの子がちゃんと日本語が乗って、アレンジもされて、ドレスアップされるなんて思ってなかったのでとても嬉しかったです。

そして、よくスタジオで私が作ってた曲とかを歌い出すと何となくメンバーが乗っかってきてくれて自然な感じにアレンジしていったかな。

でも意外とこんな感じの曲なのにこだわった所も多かったかもな。

皆リズム的には一緒に力を合わせる感じじゃなくバラバラにいるかもしれないけど、何となく塊でいて一体感がある感じが好きかな。

レコーディングしたのは東京で、一回録りだったね。
私がメインのリズムだったから、必死にリズムキープしながら曲に集中するっていうのが難しかったな。

sacchanがフリーでやってくれてたから、カリンバとかシェーカーとか色々渡した覚えがあるな。

mafumafuがチェロ弾くのがすごく好きで、チェロの音が中性的なのも好きである意味デュエットくらい存在感が欲しくて、そうやって弾いてって言った気がする。笑

感情が高まっているように少しシャープしてる部分もキレイにしたとしても、やっぱり感情的なのが減ってしまうから残したりとか。

ベースの人って安定のイメージがあったけど、mafumafuは意外と激情とか女性特有のヒステリックな感じを出すのが上手いんじゃないかと思ったり。

mura☆junは、フリーなようで所々合わせる所があって、場所はいつも気ままだったけど。
そこが合う時はすごく気持ち良かったな。

この曲は淡々としててほしかったから、そんな雰囲気が出たかな。
本チャンレコーディング前のボリュームをとってもらう時に声出しもかねて大きい声で歌ってたら、sacchanがそれくらい強く歌う?と聞いてくれて。
皆のテンションを見て、アレンジの強さとか仕方を変えようかと考えてくれるその気持ちが嬉しいよね。

歌詞は、詩を書くように書いていったかな。
入ってくるようで入ってこないけど、情景を思い浮かべられるような言葉。
他の曲でも出てくる、意味って言葉が一番込めたかったかな。
ただ道路の端でキレイな花が咲いてたとか青空がキレイだったとか、誰かが電車の席を譲ってたとか、わざわざ言葉にしないけど意味のないように見えるものかもしれないものこそ意味があるんじゃないかって。
ある意味考えるのをやめたのかな。笑
そんな事が表現出来たら素敵だなと思ってました。

あとは、キライキライ世界おはようのキスをっていう矛盾がある所もツンデレ感があって、意外と大事な言葉だったかも。

等身大な力の入ってない、呼吸みたいな自然な曲。

色んな音が入り混じっていて、音楽っていうよりも音の集まりとして聴いてもらえて癒しになってくれたらなぁと思います。

私の声はなぜか集中させてしまうらしくて、どっちかっていうと心地良く流れていて気にならない感じの曲を作ってみたいと昔思っていたな。
サーフミュージックとかボサノバとか素敵だな。

ではでは、また更新したいと思います(*^^*)

yui


Offline Kikino!

Re: yui Diary (2015.07.29)
« Reply #1 on: August 04, 2015, 12:12:25 PM »


こんにちは。
Hello

(Translation by Tecchan)

毎日暑いですね。皆さん体調は大丈夫ですか?
It’s hot everyday. How’s your condition everyone?

まだまだ追いついてなかったので、少しづつ更新出来たらと思います。
As there’s still a long way to catch up, I hope I can update little by little.

そして、前回触れていなかったのですがYUIのMV全集「FIND ME YUI Visual Best」が発売になりました!
And though I didn’t mention last time, the MV collection of YUI “FIND ME YUI Visual Best” is now on sale!

すごい曲数が入っていてびっくりです。
It’s surprising that there are a lot of songs in it.

こちらも楽しみんでもらえたらです♪
I hope you will enjoy this one as well.

そして、FF曲解説!
And, the commentary on the FF song!

おはようのキスをですが、この曲は実は福岡にいる頃に作った曲です。
Talking about “Ohayou no Kiss wo”, this song is in fact the song that I made when I was in Fukuoka.

本当に曲を作りはじめたばかりの初期の頃の曲で、あまりパッとしないメロディーだし、日本語を乗せるとどうもイメージと変わる事に戸惑っていた時になんとなくとっておこうと思っていた曲です。
It’s really a song of the earliest time when I started making songs. The melody did not appear so charming, and I was embarrassed when I put Japanese lyrics, the image of the song was changed, so, I just decided to keep it for no apparent reason.

まさかこの子がちゃんと日本語が乗って、アレンジもされて、ドレスアップされるなんて思ってなかったのでとても嬉しかったです。
Because I hadn’t expected that this baby would really put on the Japanese lyrics properly and would be dressed up, I was so happy.

そして、よくスタジオで私が作ってた曲とかを歌い出すと何となくメンバーが乗っかってきてくれて自然な感じにアレンジしていったかな。
And when I began to sing the songs that I had made in the studio, the members often spontaneously joined and arranged it naturally.

でも意外とこんな感じの曲なのにこだわった所も多かったかもな。
But, although it’s the song like that, there may have been actually many parts where we cared much about.

皆リズム的には一緒に力を合わせる感じじゃなくバラバラにいるかもしれないけど、何となく塊でいて一体感がある感じが好きかな。
In terms of rhythm, all the members may not seem to be cooperating together and they may sound discrete. But, the song has a feeling as a mass in a way and has a feeling of unity. That’s what I like.

レコーディングしたのは東京で、一回録りだったね。
The recording was done in Tokyo, and it was one-take recording, wasn’t it ?

私がメインのリズムだったから、必死にリズムキープしながら曲に集中するっていうのが難しかったな。
Because I was in charge of the main rhythm, it was difficult to concentrate on the song while keeping rhythm desperately.

sacchanがフリーでやってくれてたから、カリンバとかシェーカーとか色々渡した覚えがあるな。
As sacchan cooperated freely, I remember I handed kalimba, shaker and so on to him.

mafumafuがチェロ弾くのがすごく好きで、チェロの音が中性的なのも好きである意味デュエットくらい存在感が欲しくて、そうやって弾いてって言った気がする。笑
I liked mafumafu’s play of cello very much, and I also liked that the sound of cello is androgynous. So I wanted it to have the presence like a duet in a way and told him to play like that, lol.

感情が高まっているように少しシャープしてる部分もキレイにしたとしても、やっぱり感情的なのが減ってしまうから残したりとか。
Where the sound was a bit sharp due to the high emotion, we sometimes left the part as it was, because if we corrected the part, the emotional elements would be diminished.

ベースの人って安定のイメージがあったけど、mafumafuは意外と激情とか女性特有のヒステリックな感じを出すのが上手いんじゃないかと思ったり。
I had an image that bass players are balanced, but I sometimes thought mafumafu is unexpectedly good at emitting a violent passion or hysterical emotion unique to women.

mura☆junは、フリーなようで所々合わせる所があって、場所はいつも気ままだったけど。
mura☆jun looked like free but he synchronized in some parts, though the parts were always depended on him.

そこが合う時はすごく気持ち良かったな。
When the parts were as expected, it was so sweet.

この曲は淡々としててほしかったから、そんな雰囲気が出たかな。
I wanted this song to be straightforward. I wonder if it has such an atmosphere.

本チャンレコーディング前のボリュームをとってもらう時に声出しもかねて大きい声で歌ってたら、sacchanがそれくらい強く歌う?と聞いてくれて。
When I was singing with a loud voice in order to set the volume and to exercise voicing before recording, sacchan kindly asked me “Are you going to sing that loud?”

皆のテンションを見て、アレンジの強さとか仕方を変えようかと考えてくれるその気持ちが嬉しいよね。
I was happy that he had a mind to think about strength and the way of arranging, taking the tensions of everyone into account.

歌詞は、詩を書くように書いていったかな。
Regarding the lyrics, I was writing as if I was writing a poem.

入ってくるようで入ってこないけど、情景を思い浮かべられるような言葉。
The words are those which seem to come inside, yet don’t do so, but remind us of an image.

他の曲でも出てくる、意味って言葉が一番込めたかったかな。
I wanted to stress most the word ‘meaning’ which appears in other songs as well.

ただ道路の端でキレイな花が咲いてたとか青空がキレイだったとか、誰かが電車の席を譲ってたとか、わざわざ言葉にしないけど意味のないように見えるものかもしれないものこそ意味があるんじゃないかって。
Like a beautiful flower was just in bloom at the side of a street, blue sky was beautiful, or someone was giving a seat in a train, those which we don’t talk in words and may not have meanings may really have the meanings.

ある意味考えるのをやめたのかな。笑
In a sense, I gave up thinking of meaning lol.

そんな事が表現出来たら素敵だなと思ってました。
I was thinking that it would be wonderful if such things could be expressed.

あとは、キライキライ世界おはようのキスをっていう矛盾がある所もツンデレ感があって、意外と大事な言葉だったかも。
In addition, the contradictory phrase “I hate and hate the world, give me the good morning kiss” has a sense of ‘hate and love at the same time’ and may have been unexpectedly important words.

等身大な力の入ってない、呼吸みたいな自然な曲。
It’s a song that is life-sized, relaxed and natural like breathing.

色んな音が入り混じっていて、音楽っていうよりも音の集まりとして聴いてもらえて癒しになってくれたらなぁと思います。
Various sounds being mixed, I hope you would listen to it as a gathering of sounds rather than music and it would be healing.

私の声はなぜか集中させてしまうらしくて、どっちかっていうと心地良く流れていて気にならない感じの曲を作ってみたいと昔思っていたな。
I don’t know why but my voice seems to make listeners to focus on, so I was hoping, in the past, to make a song which would rather sound comfortable and not irritating.

サーフミュージックとかボサノバとか素敵だな。
Surf music and bossa nova would be wonderful.

ではでは、また更新したいと思います(*^^*)
Bye for now, I’d like to update again.

yui

 
« Last Edit: August 05, 2015, 02:36:10 AM by Kikino! »

Offline Hamza

Re: yui Diary (2015.07.29)
« Reply #2 on: August 05, 2015, 08:34:17 AM »
Thank you kikino! And waratte! :)

Ooh surf and bossa nova, thats gonna be awesome.
« Last Edit: August 05, 2015, 08:41:24 AM by Hamza »

Offline uzy loves YUI

Re: yui Diary (2015.07.29)
« Reply #3 on: August 06, 2015, 12:54:54 PM »
what a long diary! otsukaresama deshita waratte, kikino, and tecchan! ( *^^*)/

I am happy that yui is keeping the diary updated and I am happy that she is trying a lot of things. I am looking forward to their next songs.

Offline Rolling Rain

Re: yui Diary (2015.07.29)
« Reply #4 on: August 09, 2015, 05:22:47 PM »
its just me or it looks like someone( sony?)reminded her to 'mention'   about the 'Find me thing'?



Offline CYBORG

Re: yui Diary (2015.07.29)
« Reply #5 on: August 10, 2015, 10:56:28 AM »
YUI  sells her musics only in Japan.

Then the opinion of the japanese people is very important.
YUI has to be aligned with the opinion of the japanese.
The opinion and the judgment about what is a good female singer.

If so, I think that from now on YUI is going to be perfectly aligned
with my personal idea of what is a good female singer.
« Last Edit: August 10, 2015, 10:58:50 AM by CYBORG »
------------------------------------------------------------------------

Zerg